今治市社会福祉協議会

代表電話番号 0898-22-6018

介護サービス事業

介護保険サービスの種類

居宅で受けるサービス

居宅介護支援
ケアマネジャーが、ご本人やご家族と相談して、自宅で介護保険サービスを受ける時のサービスの組み合わせやスケジュールを作成します。また、サービス提供事業者との連絡や調整をします。
※当協議会も実施しています。
訪問介護(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが、自宅を訪問して、食事、入浴、排せつなどの身体介護、または食事の用意、洗濯や掃除などの家事援助をします。
※当協議会も実施しています。
訪問入浴介護
看護職員および介護職員が、入浴設備や簡易浴槽を自宅へ持ち込み、入浴介護を行います。
※当協議会も実施しています。
通所介護(デイサービス)
デイサービスセンターなどに通い、レクリエーションや日常生活動作訓練をしたり、食事や入浴の提供を受けることができます。
※当協議会も実施しています。
訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士などが自宅へ訪問して、医師の指示に基づいて日常生活の自立を助けるための機能訓練をします。
通所リハビリテーション(デイケア)
老人保健施設・介護療養型医療施設などに通い、理学療法士や作業療法士などが、医師の指示に基づいて日常生活の自立を助けるための機能訓練をします。
訪問看護
病院への通院が困難な方に対して、看護婦(師)や保健婦(師)が自宅へ訪問して、主治医と連絡をとりながら、療養上の世話や診療の補助などを行います。
居宅療養管理指導
病院への通院が困難な方に対して、医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問して、医学的な管理や療養上の指導を行います。
短期入所生活介護(ショートステイ)
介助をしてくれる家族が病気や、やむをえない事情で介助を受けることができないときは、特別養護老人ホームなどに短期間入所することができます。入所中に介護や機能訓練等を受けることができます。
短期入所療養介護(ショートステイ)
介助をしてくれる家族が病気や、やむをえない事情で介助を受けることができないときは、老人保健施設などに短期間入所することができます。入所中に医学的管理のもとで介護や機能訓練等を受けることができます。
福祉用具の貸与
特殊ベッド、車いす、移動用リフトといった福祉用具を借りることができます。
※当協議会も実施しています。

後から費用が支給される居宅サービス

福祉用具購入費の支給
簡易トイレや入浴補助用具などの特定介護用品の購入費の一部を支給します。(限度額は年間10万円)
住宅改修費の支給
自宅、または玄関から道路までの手すりの取付けや、段差の解消など小規模な住宅改修費用の一部を支給します。(改修限度額は20万円)

その他の居宅サービス

特定施設入所者生活介護
有料老人ホームに入居している方が、その施設で日常生活上の世話や、機能訓練などを利用するサービスです。
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
比較的安定状態にある認知症(痴呆)のあるお年寄りが、少人数(5人〜9人)で共同生活を行い、日常生活の世話や機能訓練を受けられます。
※当協議会も実施しています。
小規模多機能型居宅介護
介護が必要となった高齢者が、できるだけ住み慣れた地域で、今までの人間関係や生活環境を維持できるよう、「通い」を中心として、「訪問」や「泊まり」のサービス、いわゆる「デイサービス」「ホームヘルパー」「ショートステイ」を利用者の状態や希望に応じて、随時1ヵ所で利用できる複合的な介護サービスです。
※当協議会も実施しています。

施設に入所して受けるサービス

指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常時介助が必要ではあるが自宅での介助を受けることが困難な方が、入所する施設です。日常生活の介護のほか、機能訓練や健康管理などを受けられます。
介護老人保健施設(老人保健施設)
病状が安定している方が、リハビリを中心とした医療ケアと介護を受ける場合に入所する施設です。医学管理下での介護、機能訓練や日常生活などの介助が受けられます。
指定介護療養型医療施設
長期にわたって療養を必要とする場合に、医学的管理のもとで介護や機能訓練などの必要な医療を行う施設です。医療、療養上の管理や看護が受けられます。